マイナス志向

次元の境目を行きつ戻りつ

うってかわって二次創作の話になります。

 

二次創作、してますか?私はしてます。といってもすっごい狭いジャンルのすっごい狭い世界で細々とやってるような弱小人です。

小説自体は昔から書いていましたが、インターネット上に公開するようになったのはここ1年くらいで、読んでくださる奇特な方もいますがそれでも狭い世界です。イベントにも、サークルとしてこの前2度ほど出ました。コピー本でもいいんだ、って思ったらすごく気持ちが軽くなって徹夜して本を出しても3冊くらいしか売れなかったけれど、それでも手に取ってくれる人がいるのは嬉しかったです。この前ちっちゃいオンリーに出たら刷った7部が全部捌けてすごくうれしかった。頑張って徹夜してよかったなと思ったものです。

 

でも二次創作ってある意味もろ刃の剣ですよね。交友関係的な意味において。

二次創作を消費する側で交友関係を持つことがあまりないのでわからないのですけれど、生産する側で関係を持つと嫉妬とかプライドとかに挟まれていろいろ面倒な思いをします。あてこすりかよってエアリプを真に受けてショック受けたりとか、おべっかでネタを呟いてみたりとか、お世辞のふぁぼとか、何かいろいろとにかくめんどくさい。

個人的に、にょたとかパロとかってあまり好きではないのですが、そのせっまいコミュニティで盛り上がっている間は私も好きです、ってスタンスでその場にいなきゃいけないのがつらい。いなきゃいけないのがつらいと思っているなら席を外せという話なのですが、席を外したところで盛り上がって、置いてけぼりにされるののほうがつらいから、私はまだ我慢できるつらさをとる。

 

そしてもうひとつつらいのが、自分がおべっかを使うのと同じくらい、相手も自分におべっか使っているなというのがわかる時です。

そういうの、気を遣わせているなと思ってすごく申し訳ないけれど、まだ使ってくれているだけ有難いんだろうなとも思います。本当に嫌いな相手だったら鍵つけてブロックして、っていくらでもできるのがSNSのいいところであり悪いところですから。

そのおべっか合戦に入れないとき、入るのがいやなとき――これは多分プライドです。話を合わせてるな、って思われたくない、っていうプライド。私は友達が少ない人生を過ごしてきて人との距離の測り方がうまくなくて飲み会でのスマートな振舞い方も年齢の割にまったくわからないのですけれど、それでも年齢的にそうやって振舞わなきゃいけないんだろうなと思って「私そういう場慣れてますよ」みたいな空気を出そうとしてしまう。結果失敗することがわかったので、最近は「わからないのでお任せします」なり教えてください、っていう風にシフトしたのですが、それでも周りに空気読めねえなとか思われてるんじゃないかと思ったらどうしようもなくなります。生きてるのつらい。

とにかく、そういう二次創作で狭いコミュニティを形成してしまうと、そこから出ることも怖いし居続けることもストレスになる。そういう板挟みがあって、なんかこう、とてつもなく、全部ほっぽりだして逃げたくなる時があります。わりと頻繁に。

それでもそのジャンルが好きだから居続けたい、っていうのがあって、私はまだそこにいます。

私に居場所をくれる限り、私が彼女たちにとってまだそこにいてもいい人でいられる限り、私はそこにしがみつくんだと思います。哀れに。愚かしく。