遠雷

すべて個人の感想です

最近気になる人のこと:おおたもとひろさん

(時間は空きましたが)辛うじて三日坊主にせずに済みました。

 

太田基裕さん

言わずと知れた通称もっくんです。

私は割と若手俳優に対して「同じ高校の後輩女子ヅラ」をしたいタイプなので、あまり若手俳優を愛称で呼ぶことはないのですが、でももっくんはもっくんであってもっくん以外の何物でもないような気がして「もっくん」と敬意を込めて呼ばせて頂いています。

 

もっくんを初めて意識して見たのは、正直よく覚えていません。いやだって、もっくんて若手俳優が通る道の途中に必ずいるじゃないですか?若手俳優オタはもっくんで始まりもっくんで終わる(というのは失礼かもしれませんが)ところあるじゃないですか?ちなみに私は今第二次もっくんブームの到来が予期されているのでそろそろ若手俳優沼の底が見えるのか?と自分で自分を心配しています。

ただそのくらい、彼は若手俳優界の重要なポジションを占めていると個人的には思っていますし、舞台を追いかけていない間もずっと意識はしていました。失礼を恐れずに言うならば道祖神のように、おたくの道中にそっと花を添えてくれる安心感。テニミュペダステ、刀ミュ、くろステと有名どころのキラキラした2.5次元舞台に出演しつつ、スカピンなどのどっしりした内容のミュージカルにも出演してくれるのは、ファンとしては追いかけていて楽しい役者さんなのではないかなあと思います。

 

・マグダラなマリアシリーズ

多分最初のきっかけはここかなと思います。アンナ・エーデルマン少佐!!!未だに何度もDVD観直すくらい大好きな作品です。

パツキンでパイオツカイデー、ナチSSの女性高官、生まれついてのドS気質と要素盛り盛りの上にソロ曲がもんのすごいエロい。是非見てください。歌、振付、すべてがTHE耽美でえっちで素晴らしいのです…

マグダラはコメディだしアドリブもそこそこありますが、もっくん根がものすごい真面目なのにボケる時は全力でボケてくれるので大好きです。頑なだったアンナさんが徐々に人間味を帯びていくのが堪りません。

 

・儚みのしつらえ

このエントリを書くにあたり粗筋や当時の自分の感想を振り返ったのですが、改めて回想してもインパクトのある舞台でした。世界と家庭、大小の戦争にまつわる物語だったのですけど、とても数行では語れそうになく、これを見た大学生当時「世の中にこんなにすごい演劇があるんだ」と驚いたのを覚えています。

「猫の裁判」などもそうですが、生命や倫理観など重いテーマの作品にも触れられるきっかけになってくれるのは、若手俳優自身への好意だけでなく「作品との出会いの場」として舞台通いをしている身としてはとても有難いですし、そういう作品に出ても見劣りしない演技ができる役者さんなのはすごいなあとシンプルに思います。

 

・その他

正直ありすぎて全部は挙げらんねえです。

もっくんと言えばテニミュSLAZY刀黒バスと2.5次元作品にも事欠かないので、2〜3作見ていただければ「これが…太田基裕…いやもっくん…」と簡単に私の気持ちをご理解いただけるかと思います。ね。個人的にマグダラ→刀→黒バスには女型の流れがあると感じていて、マグダラで完全な女性役を演じたことが村正の妖艶な色気につながり、花宮の男でありながら踊っているような居心地悪さの根底に繋がるのではないかと…個人的に花宮は舞台版で好きになったキャラです。

 

・本人

歌もダンスも才能に溢れているとファン目線では思うのに、毎回「もうだめかも…」ってネガ発動してるところ一周して推せますね!あと見た目だと性格的にふわんとほんわかしていそうなのに(主観)、しっかり地に足ついた物事の考え方をしていて頑固ってところも素敵だと思います。

特に廣瀬さんと一緒にいる時の世話焼きっぽい感じ、本当に好きです…ママになってほしい…。染み抜きを持ち歩いてるのとか素直に「なんで?」なんですが、もっくんが持っていると思うとママみが増す気がしてとてもよきです。かと思えばさとちゃんや鳥越くんと一緒にいる時のきゃっきゃしている感じ、普段の気遣い屋さんなところがちょっと抑えられてリラックスしている雰囲気なのもかわいいな~と思います。ほんとうに、万華鏡みたいに素でも役者としても色んな顔を持っている人だなあと思います。

 

一時期、2~3年前はもっくんの舞台をちょいちょい観に行っていたんですが、忘れもしないホテルカルフォリニアが個人的にもんのすごい気に入らなくて拗ねて暫く行かなくなってたんですけど、期間を置いて改めて演技を観る機会に恵まれると「やっぱりもっくん好きだなぁ」と実感したので、またスケジュール都合つけて観に行こうと思います。

マグダラはそれこそ擦り切れるほどリピートしていますし、きっと一度ハートを掴まれると半永久的に掴んでくる人なんでしょう…一度もっくん池に落ちたらもうズブズブです。抜けたと思っても多分数年周期で戻ってくるんです。もっくんは彗星だったんだ!というところでオチとさせていただきたく。

 

最近気になる人のこと:いざわゆうきくん

三日坊主で終わる可能性が高いのですが、最近気になっている俳優さんのどこが気になっているかを気の済むまで挙げてみます。

 

〇井澤勇貴くん

今は君付けで呼んでますが、ストリート系ファッションやインスタセンス意識の高すぎる美形はおたく喪女にとって最早恐怖の対象なので、正直な第一印象は「怖い」でした。

ですが、若俳おたくをやっていれば推しとよく共演する役者さんも自然と目に入ってくるもの。なので彼も、お目当てではないものの「最近劇場でよく見るなあ」と思って何とはなしに気にしていたら、観れば観るほど魅力的に見えてきて近頃すごく困ってます。お客様!あーっお客様!これ以上私の視線を奪わないでください!これ以上推しを増やしたくないんです!

 

ちなみに、一番最初に彼の演技を見たのはメサイア(鋼)だったのですが、何分メサイアシリーズ前情報なし初見だったこともあり話についていくのが精一杯で、カテコ挨拶で漸く「この人が井澤くんかあ」と意識した程度でした。

その後ホストちゃん、松ステ、ママ僕、同志にお借りしたメサイアSLAZYで改めて演技を見て抱いたのは、

「歌うっっっま」

「ダンスうっっっっま」

「動きエッッッッロ

というバカ丸出しの感想でした。

にわかなので過去作まで遡ってはいないのですが、特にインパクトの強かった作品を以下に挙げますので、もし井澤くんに嵌まりたい方がいらしたらご参考にされるのも一興かと。

 

ClubSLAZY

ドがつくほどスタンダードですね!でもSLAZYの井澤くんはすごくSHOWメンでかっこいいです!Endくんとして彼を語るなら1stから順に見た方がいいと思いますが、手っ取り早く井澤くんのかっこよさで殴られたいなら「ClubSLAZY SPECIAL LIVE2016」がおすすめです。私はこれで吹っ飛ばされました。

SLAZYはお当番ショーシーンがあるので出演者皆さん歌がうまいんですが、井澤くんもめちゃくちゃ歌がうまいです!ビブラートとこぶしと高音がとっても綺麗。ミュージカル方面に行かないのが心底不思議です。

ダンスもうまいのでCIRCUSとか最高に近いです。いくらでも見ていられる。あと映像班に愛されてるのか2016はやけにピン抜き優遇されてる気がします。

松ステもイケメンキャラなのですが個人的に黒髪男子が好きなので、歌って踊るかっこいい井澤くんだとEndくんに軍配が上がる感じです。ただ松ステのバクステで年上相手にダンス指南してる井澤くんはお好きな人には堪らないと思います。

 

・ママと僕たち

初めて見たのがメサイアだったので「素顔もクールなのかな?」と勝手に想像していたら、意外とイジっても面白いし積極的にボケられる子だと再発見してまた好感度が上がったのがママ僕でした。

これは元々好きなシリーズなのですが、井澤くんは日替わり安定して面白いし、バブ的にも可愛かったです。あいのすけさんさいです。あと自分の素キャラとあざとさのギャップをうまく使い分けてるのがうまいなーと素直に感心しました。こんなざいる系おしゃれ息子もお好み焼き屋の倅なんだなあと思うとなんだかドキドキします。あと公演前ニコ生で「俺ママ大好きだから、それを恥ずかしいことだとも思ってないし」ってさらっと言えちゃうころもポイント高かったです。

一番株が爆上がりしたのが、バブライブで原嶋元久くんがセンターソロを歌う時、彼に見えない位置でペンライト煽りをしてる井澤くんを見た瞬間ですね。お、おまえ…!!どうか原嶋くんは井澤くんとご飯行ってあげてください。

 

メサイア

物語的に鋼の重さが半端じゃないですしそれ以降も間宮関連で色々つらい思いをしてるせいもありますが、有賀=井澤くんを認識して改めて鋼観返して、おまえ私より年下かよ!!!!」って一人でキレ散らかした記憶があります。歌・ダンス技術もそうですがお前20代前半でそのクオリティかよ!末恐ろしいな!

あと、メサの井澤くんからはどことなく事件は現場で起こってる系ドラマの室井さんみを感じています。アクションも特に難癖付ける気にもならないほどスマートで様になってるので、悠久楽しみですけどだからこそ色々怖いです。色んな意味で。

 

・素顔

またバカみたいな感想ですが、インスタがめっちゃおしゃれです。加工も角度もローラとかとなんら遜色ない、と思います。男版ローラ?ウフフ♡オッケー♡?見てるだけで渋谷で配ってそうなタウン誌ぱらついてる気分になれるので私までつられておしゃれな気持ちになれます。

私は井澤くんのパフォーマンスが好きだなあかっこいいなあと思っていて、そこまで顔の美醜に執着していないのですが、いやつくりはめちゃくちゃかっこいいんですけど。ただとりあえずうーん前髪はあった方が好きだし髪の毛くるくるしてない方が好きだし伊達眼鏡もあんまり好きじゃないので好きな顔画像を探す方が大変です。この歳の男の子ってなーんかサングラスと黒いマスク好きですよね。

 

上には挙げませんでしたが、ホストちゃん関連で度々好戦的な発言をしていたのも印象に残っています。ホストちゃんは作品柄、役者同士の順位をつけなければならないのですが、その中でも「俺が1位になってやる」という度々野心をギラつかせてくれていたのは好感が持てましたし、秘めた野心を持っていて、その出しどころもちゃんとわかっている彼が、今になって何だか気になっているのも皮肉な話だなあと思います。もっと早く気になっておけばな~。

敢えて言うとそこはかとなくビーバー感*1があるので、今彼について最も心配していることは「突然海外留学しないよね?」ということでしょうか…彼英語できるのかな…ただ私はもうちょっと舞台に立つ井澤くんを生で見てみたいので、できればもうちょっと日本にいてほしいな、と思います。

*1:動物でなくジャスティンの方です

はじめに

どうも、若手俳優おたくです。

ただ若手といいつつ推し①は既に30代だったり、或いは2.5次元俳優なのではないかと苦悩したり、ひとことで若手俳優とうまく括れない部分も多々ありますが、「業界内ではまだ若手とされるキャリアであり、2.5からミュージカルまで幅広いジャンルで活躍する(ことを願っている)俳優」のおたくをしています。

大学時代、人並みにテニスで転げ落ち、以降ひとりのおっかけを4年ほどして、今はDDに落ち着きました。

色んなことをのんびり書いていくブログになると思います。宜しくお願い致します。